スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 夏越の大祓

夏越の大祓

2013.06.28

こんにちは、戸田ラビット歯科訪問部コーディネーターの平です。

リハビリに自転車の運転をしたらバランスとるのが難しかったです。

「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が近づいてきています。

皆様ご存じでいらっしゃいますでしょうか?

神社で6月末と12月末に、半年の間に知らず知らずに

犯した罪や心身の穢れを祓い清めて、正常な本来の姿に

戻るための「大祓」が行われます。この6月末に行われる行事を

「夏越の大祓」と言います。(12月末は「年越しの大祓」)

その起源は古く、8世紀頃に始まったと聞きますから、

1200年くらい前からある行事のようです。

昔は神官が祝詞を読み上げ、衣服等を新しい物にしていたそうで。

衣服を毎日洗濯する習慣のなかった大昔は、こういったことで

疫病を予防する意味もあったようです。

近年では「茅の輪くぐり」と言って、茅で編んだ大きな輪を

境内に設置している神社もあったりしますので、

見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

他にもその地方に古くから伝わる風習などが合わさって、

様々な形の行事になっているようです。

我々は普段から健康維持の為の口腔ケアをお勧めしておりますが、

たまにはこういった季節の行事で気分転換というのも

ひとつの健康法かもしれませんね。

6月30日に行われる神社が多いので、興味のある方は近所の

神社を覗いてみてはいかがでしょうか?

スタッフブログTOP

各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援
ページトップへ戻る